モトモト旅~JALANA修行~JGC編

JALANA修行をしてます。JGC編です。

マレーシアJGC 修行3 怪しいオヤジ

ホテルに荷物置いて、地図やメールを確認しながら携帯電話を充電しました。

電圧が不安定なのが、変圧器充電器がおかしいのか、なかなか充電出来ませんでした。

 

マレーシア、春は日の出7時すぎ、日の入り1930と長いです。

 

1930なり薄暗くなって来たのでジャランアロー通りの屋台村に食べに来ました。


f:id:JALANAMILE:20170314183523j:image


f:id:JALANAMILE:20170314183546j:image

たくさんの人が食べにきてました。

ドリアンもあります。

25リンギット位でした。

食べきれないので見てるだけ~

 

一通りみて、中華系の店の呼び込みに呼ばれてみました。


f:id:JALANAMILE:20170314183756j:image
f:id:JALANAMILE:20170314183823j:image
f:id:JALANAMILE:20170314183851j:image


チャーハンとソテーと炭酸ポカリを頼みました。

それぞれ14 12 4リンギット位でした。

ソテーを初めて食べました。

味付けもよいし、食べやすい!

12リンギットって安い!

さらにお代わりしました。


f:id:JALANAMILE:20170314184222j:image

いやあ、はかどるはかどる。

あと3本で食べ終わるって所で、

東欧系のおっさんが隣にすわりました。

そして、英語で

「ソテー少し食べさせて」

と言ってきました。

図々しいヤツです。

 

まあ、腹一杯なんで、1本あげました。

すると喜んで

「俺のビールやる!飲めよ」

となりました。

 

ついついビールのんでしまい、

おっさんと話をしました。

 

日本語も片言だけど上手で

「俺はビジネスできた。親戚が車をマレーシアで売っている、だけど今日は家族連れてないから、自由だ」

とかなんとか。

やたらビール飲ませてくる。

1本以上は飲まされた。

 
f:id:JALANAMILE:20170314192229j:image

 

ちょっとフラフラしてきたら、

「おい、タワーみたか?綺麗だぞ。酔いを覚ますために歩いてタワー見に行こう!」

とかいいだした。

スマホビルが、2200まで開いてるから、かわずとも相場みたり店の配置みたりするつもりだったから、やんわり断り入れた。

すると、

スマホかうのか?

もっと面白いモノあるぞ、酒、ゲーム、女だ!今日は気分いい!

お前のぶんも払うぞ」

と言って聞きません。

 

「ダメです。私のぶんは私が払います」

といっても、お金を受け取らない。

「酒だー女だー」

と連呼している。

 

、、、なんか怪しいな、、、

と思い始めた。

すると、

「お前、金はキャッシュか?クレジットか?」とかいいだした。

「キャッシュ」と言うと、

「クレジットは持ってきてるのか?ホテルの金庫か?」とかやたら聞く。

 

益々怪しい。

「ホテルです。いまはご飯代金しかない。」

と言うと

「ホテルの金庫は最悪だ!

ボーイが金庫あけて盗んだり、勝手に使うぞ」

とかいいだした。

これ幸いに

「危ないですね。早く帰って見て来ます」

というと

なぜか慌てて

「まだ帰る時間ではない。

俺はお金もカードもある。お前と散歩して、酒のんで女いるとこ行きたい

俺は良いビジネスマンだ。月に2万ドルかせいでる!」

とか言い出した。

益々怪しいので、

「帰る」と言って立ち上がったが、酒まわりフラフラ。

 

「お前フラフラ!一緒にいってやる!ボーイがクレジット盗んだら、おれが文句言ってやる!」

とか言いながらついてくる。

悲しいかな、歩くので精一杯だ。

 

さすがに部屋までついて来られたらヤバいから、

「これ以上こないで。私は眠い。あなたとは行けない」

と言うと

「大丈夫。俺は待つぞ!」

とか言ってた。

早速とエレベーターのり、部屋にもどり、流を整理。

 

絶対怪しい!

泥棒かホモかトランプ賭博か、ぼったくり風俗か

との結論。

 

40分くらいたち、まだコンビニやショップ見てないので、流石に諦めたかな?

と思い下まで降りてみたら、、、

なんとまだいた!

 

こちらに気がついて、さらにはなぜか怒ってて

「お前、いつまで待たす!」

「私は眠かったので部屋にいた。買い物したらまた寝るから帰って下さい」

と告げた。

すると、キレながら

「お前友達と思ってた!ひどい!

お前買い物する元気あるじゃないか!

夜景みて、酒のんで、女!いくぞ」

とらちが開かない。

仕方ないから、

「行けないものは行けない。帰ってくれ」

と告げると渋々帰って行った。

 

フロントの人に

「さっきの人は私の部屋とか、きいてきましたか?」と訪ねてたら、

「おい!」とおっさんが戻ってきた!

「お前のご飯代金104リンギット払ったぞ」

とか言い出した!

「アナタがビールを私に飲ましただけ。」

と告げたら「ご飯代金払え!」とか言い出した

仕方ないから、ポケットに入れてた50リンギットを渡したよ、

「だいたい半分だ。アナタが無理やり飲ましただけだから」

と告げたら、渋々帰って行った。

 

あんた、2万ドル稼いでるんちゃうかったの?

 

また来られてはかなわないから、きちんと離れるのを確認した。

 強盗か、ホモか、、、

怖い怖い。

色々な人がいるもんですね。